セラミド

コラーゲンって栄養はあるの?

コラーゲンと言うのは、よく見てもわかるようにサプリメントや粉状になってるものがあるので、栄養というよりもその成分が体に浸透するものと思ってください。
というのもコラーゲンも、多少のカロリーはありますが特にこれと言って栄養という形にはならないものですから、覚えておきましょう。
この栄養という形になるのは、やはりゴハンやパン、野菜、果物などといったようなものに入っていて、これらはビタミンCや炭水化物などと言われています。

またチーズは、ひとつでこれらが取れるようになっているためにバランス栄養食品として、好まれている食品なのです。
またコラーゲンには、肌を綺麗にする栄養素があると言えばそのように解釈するのも間違いでは無いと思われます。
バランスのとれた食品は、身体の機能を助けるのに大変役に立ってくれるので積極的に食べるようにしましょう。

そしてコラーゲンは、身体と組織をつなぐのに、役立つものですから栄養というよりも、サポート的なものと考えるとわかりやすいですね。
コラーゲンと言うのは、普段食べている食べ物とは違って人間の身体をサポートするのが、コラーゲンなのでサポートでコラーゲンを摂ると考えれば解りやすいですね。

このページの先頭へ